2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Count per Day

  • 24523総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:

今日の昼食

インディアンダイニング チョリチョリのタンドリーチキンランチ。


PAUILLAC 2011

PAUILLAC 2011


今日の昼食

洋食亭いしくろのハンバーグ定食。


J.J.Mortier & Cie CHABLIS 1er CRU 2015

J.J.Mortier & Cie CHABLIS 1er CRU 2015


今日の昼食

グリルはやしの豚肉唐揚げ定食。


TULIP CABERNET SAUVIGNON 2017

TULIP CABERNET SAUVIGNON 2017。コストコで購入したもの。


「黒い流星号」について

先月導入した高速偵察機「黒い流星号」は、2008年式のポルシェ911カレラ(997)。納車時の走行距離は73,000キロだった。

3年前に転勤で引っ越してきてから、ドアが2枚しかない車を狙ってはいた。メルセデス・ベンツならCクラスクーペ、BMWなら4クラスクーペ、アウディならTT、ポルシェなら911かケイマンといったところ。911以外なら、新しくて走行距離の短いのがお手頃価格で買えるのは分かっていたが、たまたま条件(右ハンドルのPDK)がぴったりで金額的にもギリギリ手が届く911の出物があったので導入することになった。中古車との出会いは一期一会だからね。そうそう、個人的には国内で乗るのなら右ハンドル必須と思っているのだが、ポルシェに関しては右ハンドルが少なくて、なかなかこれという玉に当たらなかったのも事実だ。

カタログ的には、排気量3600cc、出力345馬力。最高速度にいたっては280km以上という非日常的な数字。日本国内では過剰な性能ということになるだろう。

1か月経って、まだ250kmほどしか走っていないが、第一印象は普通の車。PASMというアクティブサスがついていて、Normal、Sports、Sports+の切り替えができる。普通の車という印象は、これがNormalの場合。乗り心地はいたって普通で、いわゆる「固い」という印象はない。直進性は高速輸送機「銀の稲妻号」(日産セレナ)のほうがいいかな。これはホイールベースと駆動方式が違うのでしょうがないかと思う。轍に弱い(振られる)印象もある。一方コーナリングは、あたりまえのことだがNormalモードでも「黒い流星号」の圧勝。低重心でとても安定している。「銀の稲妻号」ならアクセルから足を離すような場面でも、そのままクリアできる。

PASMはアクセルのレスポンスやシフトタイミングにも関係していて、Normalモードなら、車の流れに合わせていれば1500回転ほどでどんどんシフトアップしてくれる。高速道路でSportsモードにしたことがあるが、アクセルに敏感(過敏?)に反応して、すごい加速をすることは確認した。でも、一般道ではNormalで十分だな。車の流れをリードできる。これは「銀の稲妻号」とはえらい違う。

トランスミッションは、ダブルクラッチのPDKというやつ。今のところ、変速のショックも少なく自然に使える。渋滞とかの低速時に問題があるとの情報もあるが、未経験であり不明。「銀の稲妻号」はCVTなので、アクセルを踏み込んだ時に、スピードが上がらないのにエンジンの回転だけが上がってしまうのにずっと違和感を感じていた。それが無いのがいいね。

燃費は、高速道路で11~12km/L、一般道で7~8km/Lというところかな。一般道では「銀の稲妻号」と変わらないか、ほんの少しだけ悪い感じ。

乗ってみて気が付いたのだが、ルームミラーによる後方視界は良くない。ところが、ドアミラーの視界はとても広い。ボディ形状もあるのだろうが、真後ろがよく見える。普通に走っていて、後続車の状況はルームミラーよりもドアミラーの方がよく分かるのではないかと思える。

困ったことが一つ。Bluetooth対応のオーディオシステムが乗っているのだが、これが不安定。iPhoneとペアリングはできるのだが音がプツプツと切れてしまうことがある。ペアリングをやり直すとちゃんと繋がったりするのだが、いつ音切れが始まるかわからないので困ってしまう。


今日の昼食

洋食亭いしくろのトンカツランチ。


今日の昼食

出張先でチキンカツランチ。


BARONS DE ROTHSCHILD [LAFIT] Private Réserve 2015

BARONS DE ROTHSCHILD [LAFIT] Private Réserve 2015