2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Count per Day

  • 24523総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 25昨日の閲覧数:

自宅サーバ構築メモ

自宅サーバ構築メモ
一応、整理しておこうと思う。

1.MySQLのインストール

これには、いろんなやり方がある。

自分の場合、最初はMacPortsを使った。最近はhomebrewを使っている人が多いようだ。

外付けHDDのLion上にサーバを構築したときは、MacPortsもhomebrewも使わず、MySqlのダウンロードサイトから、mysql-5.5.29-osx10.6-x86_64.dmgをダウンロード後、インストールした。今回、内蔵HDDにサイトを再構築したときも同じ方法。WordPressを動かすだけなら、パッケージ管理はいらないんじゃないかと思う。

ダウンロード後、dmgをダブルクリックしてマウントするとこんな感じ。スクリーンショットのファインダーにタブがあるのは、XtraFinderを使っているから。XtraFinderについてはgoogle等で熟知されたい。


次は、以下の順にインストール。

  • mysql-5.5.29-osx10.6-x86_64.pkg
  • MySQLStartupitem.pkg
  • MySQL.prefPane
ここまでくると、システム環境設定の「その他」のところに「MySQL」という項目が出現し、ここでMySQLの動作をコントロールできるようになる。




次はターミナルの出番。まずはルートのパスワード設定。

$ /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root password ‘********

ルートとしてmysqlを起動。データベースを作成する。

$ /usr/local/mysql/bin/mysql -u root -p

Enter password:

Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.

Your MySQL connection id is 2

Server version: 5.5.28 MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its

affiliates. Other names may be trademarks of their respective

owners.

Type ‘help;’ or ‘\h’ for help. Type ‘\c’ to clear the current input statement.

mysql> create database hoge;

Query OK, 1 row affected (0.08 sec)

mysql> grant all privileges on hoge.* to hoge@localhost identified by ‘********‘;

Query OK, 0 rows affected (0.05 sec)

データベースがちゃんと出来たか確認する。

mysql> SHOW DATABASES;

+——————–+

| Database |

+——————–+

| hoge |

| information_schema |

| mysql |

| performance_schema |

| test |

+——————–+

6 rows in set (0.04 sec)

これで終了。

mysql> exit

2.データの移行

これは、単純にFinder上の作業。外付けHDDのドキュメントルートにあるファイルを、そのまま内蔵HDDにコピー。留意点としては、コピー前後のディレクトリ構造についても、全くま同じになるようにすること程度。

3.データベースの移行

MySQLのデータベースのバックアップの方法については全く分からなかったので検索してみると、phpMyAdminを使う方法が紹介されていてたので、これを採用。やったことは以下のとおり。

  • 外付けHDDから起動して、phpMyAdminをインストールし、データベースのバックアップをエクスポートする。
  • 内蔵HDDから起動して、こちらにもphpMyAdminをインストールして、エクスポートしたデータベースをインポートする。
インポートしようとしたら、すでにデータベースが存在するというエラーメッセージが表示された。確かに、上記のとおり1で外付けHDD環境の場合と同じ名前でデータベースを作成していたので、ターミナルからMySQLを起動して当該データベースを削除後、再度phpMyAdminからデータをインポートすると無事成功した。

4.Apacheの設定

自分の場合、いじったのは以下の2点のみ
  • PHPが使えるようにする
  • ドキュメントルートを外付けHDD環境と同じように設定する。
これで、コンソールからApacheを再起動すればよい。

$sudo apachectl restart

apacheが起動していないようであればエラーメッセージが表示されるので、apacheを起動すればよい。

$sudo apachectl start

5.その他

自宅サーバとして公開するためには、ドメインを取得したり、ルータのポートを開放したり、/ets/hostsファイルの設定等が必要になるが、それは以前からやっていたことなので、今回は必要なかったので省略する。

(以上)